院長ブログ|センター北駅・センター南駅で歯科をお探しの方は【ひまわりにこにこ歯科】まで

時間
10:00~13:00
14:30~20:00

:土日祝の午後は14:30~19:00
休診日:火曜日

  • 診療時間
  • 地図
  • アーカイブ

  • カテゴリー

インプラントに寿命はある?長持ちさせるコツ

2020年6月7日

こんにちは。
 
横浜市センター南駅エリアにある、ひまわりにこにこ歯科です。
 
 

インプラントを入れたら永久に使えると思っている方は、けっこう多いようですが、実は、インプラントにも寿命があります。
 
どれくらいなのかというと個人差はありますが、10年以上、長持ちさせている人が90%以上といわれています。
 
ブリッジや入れ歯はそれより短く、4~8年くらいですのでインプラントが長持ちにすることに関しても優秀であることがわかります。
 
 

大事に使ってインプラントを長持ちさせよう

インプラントの寿命は人それぞれで、お手入れによっても寿命が大きくかわります。
 
人によっては5年くらいで入れ替えることになる場合もあります。
 
けれども世界で初めてのインプラントは、治療を入れてから亡くなるまでの40年間に渡って機能し続けたといいますから、本当に個人差があることがわかります。
 
 

インプラント周囲炎を予防して長持ちさせよう

インプラントを入れたたらむし歯にならないので安心、と考えていませんか?
 
インプラントそのものは、確かにむし歯にはなりませんが、歯周病のような「インプラント周囲炎」にかかることがあります。
 
インプラントは人工の歯のため、天然歯と比べると自浄作用がなく炎症への抵抗力が弱いのです。
 
ひとたび細菌に感染するとアッという間に進行して、歯を支える歯槽骨が壊されていきます。
 
ひどいときには、インプラントが抜け落ちてしまうこともあるので、注意が必要です。
 
 

定期検診と正しい歯磨きでインプラントを長持ちさせよう

インプラントを入れたら、その日から定期検診とメンテナンスのための通院を始めましょう。
 
お口の状態にもよりますが、2~3カ月に1回くらいの頻度がおすすめです。
 
ひまわりにこにこ歯科では、定期検診の際にインプラントのお手入れ方法や歯の磨き方のアドバイスも行っています。
 
適切なお手入れを行って、インプラントをできるだけ長持ちさせましょう。