院長ブログ|センター北駅・センター南駅で歯科をお探しの方は【ひまわりにこにこ歯科】まで

時間
10:00~13:00
14:30~20:00

:土日祝の午後は14:30~19:00
休診日:火曜日

  • 診療時間
  • 地図
  • アーカイブ

  • カテゴリー

キシリトールガムで虫歯予防しませんか?

2020年5月24日

こんにちは。
 
横浜市センター南駅エリアにある、ひまわりにこにこ歯科です。
 
 

キシリトールガムがむし歯予防に役立つことは、テレビCMなどの影響で広く知られています。
 
とはいえ、「ガムで本当にむし歯予防できるの?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
噛み方によっては、むし歯予防に効果があるといえます
 
ここでは、むし歯予防のための正しいキシリトールガムの噛み方について、説明します。
 
 

キシリトールとは?

キシリトールというのは、白樺などに含まれる成分からつくられる天然の甘味料です。
 
砂糖よりもカロリーが低くむし歯が予防できるとあって重宝されています。
 
FAO(世界食料農業機関)・WHO(世界保健機関)合同食品添加物専門家委員会(JECFA)などの世界的に権威ある機関で、安全性が高い食品添加物として認められています。
 
ただし、一度に大量に食べると下痢を起こしやすいので注意してください。
 
 

キシリトールガムは、いつ噛む?1日の摂取量は?

むし歯予防に役立てるためには、含有甘味料の50%以上がキシリトールであるガムを選ぶことが大切です。
 
歯科専売のキシリトールガムはキシリトール100%なので、おすすめです。
 
1日に摂取を推奨されているキシリトールの量は、約4~10gです。1回2粒を4回噛むのが適量です。
 
キシリトールガムを嚙むタイミングに適しているのは、食後と寝る前です。10分以上噛むようにしましょう。
 

キシリトールガムがむし歯予防に効く理由

むし歯菌は、口内に残った糖の成分を取り込んで増殖し、酸を出して歯を溶かします。キシリトールがお口に入ってくると、糖と間違えて取り込みます。
 
ところがキシリトールでは、むし歯菌が酸を作り出すことができず死んでしまうため、むし歯菌がどんどん減っていくのです。
 
キシリトール習慣を長期にわたって続けているうちに、虫歯菌が圧倒的に減って、むし歯になりにくいお口の環境に変わっていきます。
 
 

ひまわりにこにこ歯科では、キシリトールガムを採り入れたむし歯予防の方法についても、詳しくお教えします。
 
お子さんも喜んで始めやすいむし歯予防です。ぜひ毎日の習慣に採り入れてくださいね。